Archive for 1月, 2007

大丈夫かこれ?

Time: 09:01 Posted under: 雑記 Auther:


Impress Akiba PC Hotline の記事に、

という記事があがっとりました。

2chや某価格比較サイトの掲示板などで色々な噂はありましたが、それでも年々売り上げは伸ばしていたみたいで、サイトには『年間売り上げ200億円』など書かれていましたが、ここに来ていきなり不穏な動きが……もちろん某掲示板でもPCサクセスの名前を確認することが出来なくなっており、パソコンパーツのショップランキングなどでは1位が抜けてたりと変な状況になっています。

上記の記事で続報などは随時更新していくようですし、肝心のPCサクセスのサイトも混みあってるようで接続できませんが、くれぐれもぽちっとしちゃわないように気をつけたほうがいいですねこりゃ。

[追記] どうやら破産手続きにはいるそうで。

オンラインゲームを狙ったウイルス

Time: 10:01 Posted under: PC・モバイル,Ragnarok Online Auther:

大分前(今月初め)の記事からの引用ですが、IPAのコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況によるとオンラインゲームを狙ったスパイウェアが急増しているらしいです。

今回のスパイウェアはLinage IIのアカウント情報を盗むというものだそうで、そのゲームをやっているユーザーにとっては非常に危険な物だと思います。もし自分がそのような被害を受けて、今まで数年かけて貯めたゲーム内の通貨やアイテムが一瞬のうちに盗られてしまうことを想像すると、なんとも形容しがたい気分になります。

また、オンラインゲームではRMTというゲーム内通貨を現実の通貨でやり取りする行為も何かと問題になっているので、万が一アカウントハッキングされた場合にはコツコツとユーザーが貯めていったゲーム内通貨やレアアイテムを不正に奪われ、それがRMT市場で売買されるといった事も考えられるので正直恐ろしく感じます。

同様のスパイウェアに亜種が出てくれば、その他のオンラインゲームを狙ったものが流行るかもしれません。何はともあれ、ウィルス・スパイウェア対策と、それらに対する警戒は常に心がけていく必要があるなと、改めて思います。

AMDからの贈り物

Time: 03:01 Posted under: PC・モバイル,雑記 Auther:

iPhoneについての記事をどう書いていこうかと悩んでいたある日、ふと郵便受けを見ると不恰好に膨らんだ白い封筒が入っていました。

送り元をみるとAMDの文字、正直はて?と思いつつも、封筒の中を開けると……

AMD64 ルービックキューブ

出てきました!前面AMDのロゴだらけのルービックキューブが 😀

そういえば年末あたりにキャンペーンに応募したのを、中身を見るまで思いっきり忘れていました。まぁキャンペーンの景品としては豪勢なものでは無いですが、年明け早々AMDからこのようなグッズが当たり、そこそこいい気分になりました。

なんだかんだで自分のPCにAMDのプロセッサを使い続けて9年程、そろそろCore2Duoにでも浮気しようかなと思ってた矢先にこれが届いたおかげで、折角だから次期Athlon64X2コアのStar Processorまで待とうかなと思ってしまう今日この頃でした。

[追記]
時期コアっていうとクアッドコア製品も含まれるんで、次期Athlon64X2コアってのはおかしいっすね・・・

Apple iPhone

Time: 03:01 Posted under: PC・モバイル Auther:

先日のMacworld ExpoでJobsさんが発表したiPhoneですが、日本でもニュースサイトをはじめ、blogなどでも何かと話題になっているので半ば便乗 8)。

Apple iPhone

このiPhone、iPod同様の音楽・動画再生とフォトビューア機能に加えて、WidigetによるアプリケーションやGoogleMapの搭載、ウェブブラウザのSafariやHTMLメールも読めるメーラーも内蔵されておりネットもできるという携帯電話で、機能的には最近の携帯電話からしたら得に目新しい部分は感じられないところがあるものの(細かいところでは色々と注目するところはあるかもしれませんが)、「あのAppleが携帯電話を作った」というところで非常に興味がそそられます。

特にユーザーインターフェイスの出来についてはさすがAppleといった印象を受けました。その動画がITProに掲載されていますが、アイコンなどのグラフィックデザインもAppleらしくシンプルかつ小奇麗で、操作をすればスムーズかつ軽快なアニメーションで画面が遷移していきます。
また、アルバムのサムネイルから曲を選択するところでは、まるでCDを収納している棚から選んでいくような感覚で操作ができているなど、ユーザーエクスペリエンスも考えて作られたデザインには目を見張る所が多く、今までの携帯電話やWindowsMobile搭載のスマートフォンのインターフェイスからみれば全く別次元のものがそこにあり、Coolで革新的なイメージを受けますし、それだけでちょっと触ってみたいという意欲が沸いて来ます。

ただ、色々と情報を集めていくと、アップデートによる機能の追加は考えられるものの、クローズドなプラットフォームであるために、ユーザーが任意に アプリケーションの登録を出来なかったり、サードパーティーアプリケーションについても出るのか出ないのか微妙なところもあるようで、折角OS Xを基にしている分、もう少し既存のスマートフォンのような自由度の高い使い方が出来たらなと思うところもあり、そういう部分ではW-ZERO3[es]等のスマートフォンと比べると少々物足りなさを感じてしまうところもあります。

この他にも思うところは幾つかあったりしますが、何はともあれこのiPhone、日本でも発売日や各携帯キャリアで起こるであろう争奪戦など、これから色々とムーブメントを起こしていきそうなものだとおもうので、これからも注目していきたいと思います。

[参考記事]

手打ちうどん

Time: 10:01 Posted under: 雑記 Auther:

2007年一発目の記事ということで、あけましておめでとうございます。
正月も過ぎた土曜日の午前、朝食を済ませた後手持ち無沙汰だったので前々からやってみようかと思っていたうどんを作ってみました。

うどんを打つのは中学か高校の頃に調理実習でやってみて以来の事だったので、軽くネットを検索して小麦粉と水の分量を調べてから始めました。

大体4人分ということで、市販のごく普通の小麦粉300gに、小麦粉の分量のおよそ40%にあたる水120mlとふたつまみ程の塩を入れ、全体的にまとまるくらいに練りました。

その後、1時間ほど寝かして生地がまとまったところで、もう一度しっかりと捏ねて麺棒で伸ばした後に切って行きました。

手打ちうどん生地

切るまでは良かったのですが、生地を伸ばしてたたむ時の打ち粉が少なかったのか、はたまた生地自体の水分が多かった為か定かではないのですが、切った後に重なった部分がくっつきはじめてしまい、一本一本手でほぐす羽目になってしまいました。

慣れないが故の失敗や不満はあったものの、茹でてみるとそれなりのモノにはなり、おいしくいただくことができました。手打ちながらのコシや喉ごしはなかなかのものでしたし、やはり自分で打った分、さらにおいしく感じるのがこれのいいところでしょうか。

手打ちうどん

またしばらくしたら挑戦しようかとおもいますが、ある程度まともに出来るようになったら次は生パスタなどの他の麺にも手を出してみたいと思います。