Archive for 7月, 2006

W-ZERO3[es]1日目使用雑感

Time: 02:07 Posted under: PC・モバイル,w-zero3 Auther:


W-ZERO3[es] スクリーンショット(Today)

さてさて、思わず買ってしまったW-ZERO3[es]ですが、今日1日持ち歩いた感じをまとめてみます。

まず自分の使用目的なのですが、主に通勤時での情報収集や定期的に読んでいるサイトのチェック、後は音楽を聴いたりという感じ。これは、先代の初期W-ZERO3[WS003SH]から平日ならほぼ毎日行っていたことです。

まずはおおまかな操作感について感じたことは、サイズが小さく軽くなったことに加えて、カーソルキーの配置が中央に寄り、キーとボタンが大きくなったことで、片手でのホールド感が増し、片手操作が非常にやりやすくなったと思います。また、画面が小さくなったことで懸念していた文字の読みやすさも、以前と比べても違和感は無く、問題のない範囲だと感じました。

ただ少し残念だったのが、アプリケーションに割り当てられているボタンがテンキーの追加で2つ減り、ブラウザとメールのキーが前回は押すだけで良かったものが、長押しでないと立ち上がらない為、長押しである分が操作の軽快さを多少損なってしまっているような気がしてしまうところでしょうか。正直これは慣れもあると思うので、仕方のないところなのかも知れません。

また、それと同時に音楽を再生していましたが、こちらのほうは初代に比べてかなり改善されたと思います。

初代W-ZERO3は、イヤホンからの音量が小さく、最大にしても小さく感じる程の音量しか出ていませんでした。しかも、ソフトウェア側で無理やり増幅するとすぐ音が割れてしまい、常時音楽を聴くには耐えられるものではなかったので、結局は初代で音楽を聴くことは無くなっていきました。

それに比べて[es]のほうは、まず音量の小ささがなくなり、しっかりと音が出るようになりました。 また、ソフトウェア側のアンプで低音を増幅してもすぐ音が割れてしまうことも無く、以前に比べたら格段に良くなっています。正直専用のプレーヤーに比べてしまったらまだ足元にも及ばないと思いますが、慣れてしまえば常時聞くにも耐えられるものにはなっていると感じます。

バッテリの持ちも、初代だと片道約1時間の使用(その間ほぼ通信状態)で大抵75%を下回るところですが、[es]ではまだ100%のままで、初代より持ちも良くなっているんだなと感じさせます。ただ、バッテリに感してはその都度の通信状態やバックライトなどの設定で多少変わっていくので、もう少し様子を見ていこうと思います。

まだ1日しか使っていないので、これからまだまだ気がつくことがあると思いますが、ファーストインプレッションとしては初代から確実に進歩したなと感じる機種になっています。

W-ZERO3[es] 縷昶”鞘!壻ア弱・ワ

Time: 01:07 Posted under: PC・モバイル,w-zero3 Auther:

Willcom W-ZERO3[es] ホワイト

昨日思わず買ってしまったW-ZERO3[es]。
初代W-ZERO3も持っているけれども、発売前のレビュー等を見るうちに正直欲しくなってました。

最初は初代W-ZERO3のように、予約もしていなかったので、まず発売日当日には手に入らないだろうし(去年末の初代発売時は予約できず2週間程ほぼ毎日量販店をかけずり回った…)、また初代同様初期ロット故の不具合などもあるだろうから、発売しても様子を見ようと思っていました。

ただ発売日ということで多少でもその気分を味わっておこうかと、仕事の合間にウェブサイトや掲示板で情報を集めてたところ、どうやら首都圏の量販店ではまだ在庫が多少あるらしいという事を発見――ということで買う買わないは別として、とりあえず売り場にいってみようと仕事を早めに切り上げてそそくさと量販店に向かいました。

だがその行動がある意味命取りでした。
いざ量販店の売り場に着くと、さすが注目モデルだけあってついつい買い気を誘うPOPだらけ、しかも「黒モデルは売り切れました」と、手書きの張り紙。やっぱり売れてるんだなと思わせる雰囲気と手に入れといたほうが良いんじゃないかという思惑が、ついつい店員を呼び止めてしまう。もうこうなったら「在庫ありますか?」と聞くだけじゃ済まなく、「W-ZERO3[es]単体下さい」と、そのままレジへ直行…

その後、「様子見るだけだと思ったのに、あれ?俺買っちゃったよ」と半分呆然と、なにかしらの「やっちゃった感」を感じながら帰宅の途についたのですが、結局家に帰って箱を空けたらそんな気持ちは何処に行ったのやら、「よし、いじりたおすべ!」と息巻いている自分がいました;-)

ガンホー社員の不正行為

Time: 03:07 Posted under: Ragnarok Online Auther:

ガンホー社員が不正アクセスで逮捕というニュースが飛び込んできた。
Impress Game Watch 記事

まぁ、正直前々から色々な噂は飛び交わっていたので、そんなに驚くことは無かった。

社員が不正行為していたというのは言うまでも無く、ニュース記事によれば直属の上司が自身のアカウントを使われていたということで、その上司のアカウント管理の仕方、加えてガンホー事態の運営にも大きく問題があったのでは無いかと思う。

これを機に社内の法的遵守や運営方法を改善して、BOT対策やRMTに対する処置なども徹底し、より成熟した企業になって欲しいと思う。

Sockt563マザー M863G その2

Time: 02:07 Posted under: M863G,PC・モバイル Auther:

前回でCPUファンの取り外しと、ノースブリッジチップのヒートシンクの換装を行ったM863Gですが、早速ケースに取り付けていきます。

使うケースは使い古しの星野金属の量産型アルミケース(型番忘れました :()。
電源が上下逆に着くクセのあるもので、側板が薄いのでかなりビビるケースです。そのため、ケースファンの回転が速いと、共振するせいか、今までだと低音~中音域が何かと気になるものでした。

今回の構成は発熱も前回の構成から減っていくとの予測から、 ファンコントローラで回転数を絞ってゆるゆると排熱していくつもりです。

念のため前回の構成と今回のM863Gの構成をまとめておきます。

旧構成 新構成
CPU AthlonXP 2500+ Mobile AthlonXP 2200+
チップセット nForce2 SiS741GX
HDD MaxLine III 250G UATA
メモリ PC2700 512MB 2枚
VGA Aopen GeForce4MX440 Inno3D DeltaChrome S8
その他 GV-MVP GX2W GV-MVP GX2W
玄人志向 GbE-PCI2

まずATXケースへの装着だったので、特に問題なく設置は完了。ただ、電源用のLEDコネクタが、マザーボード上には2pinの物しか用意されておらず、ケースのPowerLEDが3pinのものだったので、結局接続せず、PowerLEDは無しと言う形になりました。

冷却部分については、PCIスロット部分に固定するタイプのファンステイを使用して、12cmファンでCPU・ノースブリッジのヒートシンクを冷却しています。
ファンの構成はこの12cmファンとケース前後に8cmファンを装着、ファンコントローラで3つとも1000rpm程度で運用しています。

M863G ケース装着

また、問題なく動作してくれるか心配だったビデオキャプチャカードも、今のところまず問題なく動作しています。 ただ、このマザーボードの使用上、S3によるサスペンドが出来ないので、その分は休止モードで対応しています。

Sockt563マザー M863G その1

Time: 01:07 Posted under: M863G,PC・モバイル Auther:

録画用マシンがお古のnForce2にAthlonXP 2500+で、夏場は部屋の気温を見事に上げてくれるため、またテレビ脇に置いておくにはちょっと五月蝿く、発熱低くて静かに出来るマシンがやっぱり欲しいかなと思ってた矢先、Akiba PC HotlineのニュースでこのCPU付きマザーを発見しました。

当初録画用マシンは新しいメインマシンを組んで、現メインマシン(Abit KV-80 + Turion64 MT-34)を録画マシンに持っていこうかと考えていましたが、新しく組むと予算が相当かかるので、とりあえずCPU付きで値段も1万円ちょっとで、搭っている石がMobileAthlonXP2100+(1.6GHz)でTDP25W、発熱も低いだろうし上手くすればかなりの静音化が出来るだろうなと思い、試しに購入。

丁度その頃、2chにこのマザーボードのスレッドが立っているのを発見、一通り見ると付属のCPUファンが爆音で、チップセットの発熱が結構あるとの事。また、CPUのほうはファンが爆音だが、実際の発熱はそんなに大きそうではなかったので、次の構成で行くことにしました。

  • 付属のファンは外し、CPUクーラーは付属のヒートシンクのみ
  • チップセットヒートシンクを付属のものからZALMANのZM-NB47Jに換装
  • CPU側と隣接するチップセットを同時に冷却するために、
    12cmファン+ファンステイで送風

とりあえずこんな感じでCPUクーラーとチップセットヒートシンクを換装。

M863Gファン・シンク換装

ただここで、CPUファンを取り外すときにCPUのヒートシンクの密着度というか圧力が少ないようで、ヒートシンクに多少力を入れると横にずれるという事が…普通CPUクーラーというとしっかり圧着しているというイメージがあったため、ちょっとした不安を感じました。

この後の作業はまた後程―